イルドフランスの美しい田舎

イルドフランスの美しい田舎

イルドフランスの美しい田舎

パリを囲む広大なイルドフランス。パリは東京で言う世田谷区とほぼ同じ広さ。パリ、そしてそのパリを囲む広大な地域をイルドフランスと言います。

パリを囲む広大なイルドフランス。パリは東京で言う世田谷区とほぼ同じ広さ。パリ、そしてそのパリを囲む広大な地域をイルドフランスと言います。

フランスの田舎はとても美しく、このイルドフランス地域圏の田舎も例外ではありません。パリを出て30分から1時間も車を走らせれば景色はがらっと変わりすっかり田舎に、そして自然の景色がとても綺麗です。

イルドフランスの美しい田舎

パリの南西に位置しパリから1時間弱で車で行けるイヴリーヌ県(yveline)の小さな田舎街セルネーラビラ(Cernay-la-Ville)。この街の周辺は丘陵地帯になっており、大自然に囲まれた小さな谷間の散歩が人気で知られいています。

イルドフランスの美しい田舎

この谷間にはアベイ デ ヴォー ド セルネ(ABBAYE DES VAUX DE CERNAY)と言う12世紀に建てられた修道院があり、後々ロストチャイルド家の所有になり現在はかなり趣、重厚性のある素敵なホテルになっています。流石ロストチャイルド家の元別荘!と納得。散歩がてら同ホテルでお茶も楽しめます。今回はまだコロナウィルス疫病流行後すぐ、と言う事で残念ながらまだ閉まっていました。

イルドフランスの美しい田舎

谷間には小さな川が流れており、かなり水も透明。実際パリ、パリ近郊のスーパーマーケットにはここの谷間の川から取れる水がミネラルウォーターとして売っています。

この美しい丘陵地帯、谷間はフランス語でvallée de chevreuse(バレド シュヴルーズ)と言う場所名になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です