海の景色を望むコートダジュールの素敵なテラス

海の景色を望むコートダジュールの素敵なテラス

海の景色を望むコートダジュールの素敵なテラス

今年の夏休みは3年前と同じく又コートダジュールの小さな街ボーリューシュルメール(Beaulieu-sur-Mer)にアパルトマンをレンタルしました。ただ、前回はビーチからすぐ歩いての距離の場所に、そして今回はかなり高台に。

今年の夏休みは3年前と同じく又コートダジュールの小さな街ボーリューシュルメール(Beaulieu-sur-Mer)にアパルトマンをレンタルしました。ただ、前回はビーチからすぐ歩いての距離の場所に、そして今回はかなり高台に。

このアパルトマンの魅力は何といってもテラスからのパノラマ。

海の景色を望むコートダジュールの素敵なテラス

広々としたテラスからは遠くにカップフェラ(右)とサンジャンカップフェラ(左)が見え、下方正面は2018年の世界で一番お高い別荘ランキング2位に輝いた Villa Leopolda (ヴィラ・レオポルダ)が。

かなり広大な敷地でお手入れも完璧にされているのが上から見て良くわかります。このヴィラは旧ベルギー国王Leopoldaの王宮だったそうで、2018年に805億円でロシア人富豪に売却されフランスのメディアでも話題になりました。興味がある方はこちらクリック

この辺りは数十億、そして数百億円?の別荘ばかりでしょう。ただしかなり空き物件が多い様です(←不動産チェック)。お高いが為に中々買い手もすぐには見つからないのでしょうね。

海の景色を望むコートダジュールの素敵なテラス

こんな世界的にお高いヴィラを見渡せるテラスに何故自分がいる??何て一瞬不思議に思った程ですが、望んでではなく半ば強制的?運命的に?学ばなければいけなくなった仏文学科に大学で入学したそれが全ての20歳以降の自分の人生を変えてしまいこんな所にいる訳で、人生ってとても不思議だなぁ〜何て感じました。

さて、この最高に素敵な眺望のテラス。室内は寝室2部屋にリビングルームで3室。75平方くらいでしょうか、決して広くはないのですが雰囲気があり、中々洒落たそしてここ南仏の雰囲気に合うインテリアです。

海の景色を望むコートダジュールの素敵なテラス

夜は蝋燭を灯し、エレクトロ、チルアウトミュージックが夜のとてもコージーな雰囲気、そして地中海、カップフェラとサンジャンカップフェラの眺めととにかく合い幻想的な雰囲気になります。ちなみに置いてあったゲスト用のオーディオはボーズ(Bose)、良い音響でしたが、オーストラリア人(ハンガリー系)の大家用は 更に上、バングアンドオルフセン(Bang & Olufsen)で私達は使用不可でした。。。

海の景色を望むコートダジュールの素敵なテラス

利便性に優れたキッチンはIKEAでしょうね。

海の景色を望むコートダジュールの素敵なテラス

この様なテーブルってあまりリラックスはできませんが、ワイン、カクテルを飲み話しながら料理も出来おしゃれだなぁ〜と思います。

海の景色を望むコートダジュールの素敵なテラス

又日差しが強い南仏の夏は暑いのですが(湿気は少ない為日本程ではありませんが)、かなりの高台にこのアパルトマンは位置する為海沿いの下界よりもかなり涼しく各部屋にはシーリングファンがついているので、クーラーがなくてもかなり快適です。

海の景色を望むコートダジュールの素敵なテラス
海の景色を望むコートダジュールの素敵なテラス

このアパルトマン。元々はイタリア人建築家によって建てられたヴィラであり、階ごとに分けられ、道路側からは分かりませんが三階建てのアパルトマンになっています。海側、又は横の高台、山側から見ると断崖に建てられており三階建てである事が分かります。

海の景色を望むコートダジュールの素敵なテラス

パーフェクトと言えるこのアパルトマン!6歳の息子もすっかりこのアパルトマン、特にテラスが気に入り、テラスに入り浸り。毎3食にアペロ(アペリティフ)、どこかのレストランやカフェでとるよりもこのテラスでとるのが一番贅沢に感じ今回はほぼ全く外食をしませんでした。

そう、あまりに居心地が良くパリから10時間以上かけて車で来た南仏ですが(途中プロバンス地方のアビニョンで一泊休憩)、コートダジュール内どこかに出かけたいとかどこかの村を訪れたい、と言う欲望までもが消えていくただテラスにいたくなる様な素敵なアパルトマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です