fbpx
パリの隠れ屋的アパルトマン

パリの隠れ屋的アパルトマン

パリの隠れ屋的アパルトマン

コロナウィルス疫病下ロックダウン解除後、パリ南東部の街イブリ シュール セーヌ(Ivry-sur-Seine)に住む友人宅にて初友人達と再会。

コロナウィルス疫病下ロックダウン解除後、パリ南東部の街イブリ シュール セーヌ(Ivry-sur-Seine)に住む友人宅にて初友人達と再会。

この街は正直街の景観は全く美しくなく、住民の多くが移民系です。送られてきたアドレスが近くなるにつれて、こんな所に彼女は住んでいるの?何て彼も私も思ってしまった程。何故ならファッション業界でプレス業をしている彼女はシックで洗練された人だから。

パリの隠れ屋的アパルトマン

門の前に着くと、ここは工場?の入り口?と思ってしまう様なエントランス。おかしく思い彼と息子と三人で途方に暮れていると、門の反対側で遊んでいた自転車に乗った幼児が門を開けてくれました。

パリの隠れ屋的アパルトマン

やっと中に入り奥に進んで行くと、すぐに納得。何だここは!と驚嘆。とても素敵な雰囲気にすぐ一変。

パリの隠れ屋的アパルトマン

この門の内側のスペースには、一階は小さな庭付きの、そして上階はテラス付きのアパルトマンが何軒も立ち並んでいます。一階、二階両方の一軒家もあるのかな?

パリの隠れ屋的アパルトマン

各アパルトマンかなり素敵で別世界が広がります。

パリの隠れ屋的アパルトマン

友人宅は一階の庭付きで、テラスでお茶、軽いアペリティフを。他の友人夫婦と彼女と私達ファミリーで大人5名に我が息子。

天井が高くて気持ち良く、インテリアも素敵です。何だか雑誌に出てきそうなアパルトマン。

パリの隠れ屋的アパルトマン

上方に見えるガラス張りの向こうのデゥプレックス、ロフトは彼女の寝室、そして浴室です。全身黒の彼女のスタイルもこのアパルトマンにマッチして、雰囲気あり!

パリの隠れ屋的アパルトマン

こちら持ってきたお花をガラス瓶に生けてる彼女。ラベンダーとユーストマというお花を買って持ってきました。

パリの隠れ屋的アパルトマン

実はここは昔オレンジジュースを作る工場だったそうで、その工場跡が改築され素敵なアパルトマンになったそう。なるほど!

パリの隅の地区とかには結構昔の工場跡などが改装、改築され素敵なアパルトマンとかカフェ、レストランになった場所がいくつかあり、その様な場所ってアーチストの住処だったりお気に入りの場所だったりするんですよね。

パリの隠れ屋的アパルトマン

実際この彼女の故御主人はハイレベルなフォトグラファー。以前彼等が住んでいたモンマルトルのアパルトマンも小さいながらもとてもシックで素敵なアパルトマンでしした。二人のセンスが伺えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です