パリ在住20年の日本人Blog

Michi in Paris

Home / ライフスタイル / ホームスパには死海の塩バスソルトを

ホームスパには死海の塩バスソルトを

死海の塩

塩分濃度が非常に濃くマグネシウム、カリウム、カルシウム、とミネラルが豊富な死海の塩の驚くパワーをご存知ですか?私は最高のホームスパ!と名付けて色々な人に死海の塩を湯船に入れてお風呂に入る事を勧めています。

死海の塩入り湯船に20分くらい浸った後浴槽から出ると体がとにかくポカポカして芯から体が本当に温まっているのが実感出来るんです。そして美肌にも効果的、かなり肌が保湿されスベスベになります。特にアトピーの方は毎日でも二日置きにでも死海の塩バスソルト入りのお風呂に入り続ければかなり完治に近い状態になるのでは?とさえ思えます、そう、それくらい驚くパワーが死海の塩にはあるんでしょうね。

私が必ず切らす事なくもう何年も前から愛用しているのはマサダと言うラボラトリーのバスソルト。このマサダ はイスラエルにある要塞地、遺跡の名前で世界遺産にも登録されています。このマサダ要塞は死海の西側に位置しここで死海の水を蒸発させ太陽と砂漠からの風で乾かした100%自然の死海の塩バスソルトです。

他にもイスラエルブランドで死海の塩をべースに作られたコスメブランドのアハバのバスソルトも使用経験がありますが勿論効果は同じです。

冷えは万病の元とも言いますし、実際冷えが原因で突如体内に炎症を起こし1日入院の経験などもあり実際問題確かに冷えは本当に体に悪い、と言う気がします。ちなみに下記の様な医者の本も読み尚更納得。

病は冷えから

ただこの死海。実は少々微妙な問題をかかえています。

一つ目は近い未来に消滅の危機にさらされていると言う実態。私も最近知りました。イスラエルの建国以降死海周辺の色々な事業開発により死海の水位がどんどん下がってきているそうです。

二つ目はやはりパレスチナ問題ですね。イスラエルの行動を支持するフランス人は少数派と感じます。フランス国内にいるユダヤ人も頻繁に人種差別の対象となったりし親しいユダヤ系フランス人からも彼の多くのユダヤ系フランス人がフランスを去りイスラエルに移住した、と聞いた事もあり彼自身もイスラエルへの移住を後々夢いている様に感じました。

つまり、このイスラエルパレスチナ問題、そして環境問題に敏感な多くのフランス人の前ではあまり死海の塩を絶賛出来ないのですが、せめて日本人にはそっとこの死海の塩の凄さを教えちゃいます!ちなみに、勿論このバスソルトは匂いが全くありませんのでお好みの エッセンシャルオイルを数滴混ぜる事をお勧め。私はギンバイカ(マートル/myrte)エッセンシャルオイルを10滴ほど混ぜています。ラベンダーなどよりも香りも良くリラックス効果も高いかと。

是非お試しを!

ギンバイカ(マートル/myrte)エッセンシャルオイル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Michi in Paris sur Instagram